ミノキシジルの発毛メカニズムと薄毛のタイプ

ミノキシジルとは、高血圧を治療する医薬品として開発された成分のことで、当初、アメリカで高血圧の人の飲み薬として開発されていましたが、この薬を服用していた被験者たちの体毛が濃くなるという症状があり、副作用としての多毛症が認識されるようになりました。

そのため、その後、薄毛による頭皮の塗り薬として臨床実験が繰り返され、脱毛症に有効であることが明らかになりました。
そのため現在、ミノキシジルは、FDA(米国食品医薬品局)にAGA治療薬として正式に認可されています。

今では、ミノキシジルは、発毛・育毛効果がある薬剤として製造、販売されるようになり、一般的にも広く知られることになりました。

ミノキシジルが発毛に効くメカニズム

ミノキシジルの特徴として、毛母細胞に直接働きかけることで、細胞分裂を活性化し、毛髪の成長を促進することができます。

それは、ミノキシジルには体内の血管を拡張させるという働きがあり、髪の毛は酸素や栄養素が血液に運ばれることにより育っていくので、血液の流れが改善されることで、薄毛部分から新たな髪が生えてくるようになるのです。

そして、塗り薬の場合は、ミノキシジルは男性型脱毛症の頭頂部にのみ効果が認められており、額の生え際の発毛は難しいとされています。

しかし、内服タイプのミノキシジルは、生え際から後退するタイプの薄毛の改善にも効果的であると言われています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用発症率はそれほど高くないと言われていますが、中には、血管拡張作用による低血圧や、皮脂の発生に繋がる場合があります。
低血圧は、頭痛や冷え、動悸などを引きおこす原因になります。

そして、皮脂の発生は、頭皮のフケや、顔のニキビなどの原因になります。
また、これ以外にも性的不能や、性欲減退などの生殖器系での報告例などもあるので、ある程度の注意は必要になります。

もし、ミノキシジルを使用し、頭痛や胸の痛み、動悸など気になる症状が現れた場合には使用を中止し、クリニックや医療機関などに相談することが大切です。
 

薄毛のタイプ別ミノキシジルの活用法

薄毛の症状は、頭頂部が薄くなるO字型ハゲ、生え際が後退していくM字型ハゲ、U字型ハゲ等、薄毛の場所により大まかに分類されます。

O字ハゲであればミノキシジルの塗り薬がオススメですが、M字やU字ハゲなどの生え際が後退している薄毛の場合であれば、塗り薬の効果は薄いと言われているため、内服タイプのミノキシジルがオススメです。

どちらの場合でも、発毛・育毛効果を期待してミノキシジルの成分の入った塗り薬や内服薬を使用してみたい方は、医師の管理のもとで正しく使用すれば副作用の心配もなく、何かあればすぐに相談もできるので、安心と言えるでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone

プロペシアなどと合わせてAGA治療に利用されるミノキシジルについてまとめてみました。